読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに朗読ライフ (#^.^#)

朗読・紙芝居・読み聞かせのブログ

第2回 わくわく♡絵本day 終了しました

第2回わくわく♡絵本dayも無事に終了することが出来ました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

《絵本:よみラボ》と題して絵本を楽しんじゃおう、という思いで開いた会

ではありますが、何しろ手探り状態で進めているので、とにかくご参加の皆様が

満足そうな笑顔で帰られたということだけで、ホッと胸を撫で下ろしています。

よかった~~~♪

 

今回ラボした絵本は2冊。

1冊目は

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本) 

 

まずは私が一通り絵をめくり、声を出さずに絵をみてもらいました。

(絵を読む作業)

そこから何を感じたか、何をイメージしたか、どんなドラマが見えたのか等々

感想を自由に語ってもらいました。

そしていよいよお一人ずつ感じたままに、読んでもらったのです。

同じ絵本がいろいろな味付けで読まれていき、どれもどれも美味でございました!

 

2冊目は

てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)

 

これも 1冊目と同様にまずは私が一通り絵をめくり、声を出さずに

絵をみてもらいました。(絵を読む作業)

昔からあるウクライナの民話でたくさんの動物たちが登場しますが、

それぞれどんなキャラクターなのかを話し合っていただきました。

自由な発想でいいわけなので、いろいろ出てきてそれだけで盛り上がります。

そして、配役を決めて役になりきってもらい全員でお話しを読みました。

読み聞かせの時には時々こういった手法で人物を読み分けたりしますが

こんなやり方で読むのは初めてという方が多く、小学校の頃の学芸会みたいで

楽しかったという感想もいただきました。

同じ1冊の絵本を皆でいろんな味付けでお料理して、盛り付けもアレンジして

楽しむことが出来たように思います。

 

 

一人でもくもく読むもよし。

そして、皆でわいわい同じ絵本をシェアするもよし。

今回のラボではそれぞれいろんな気付きもあったようです。

最後に感想をお聞きすると・・・。

(絵を読む作業)などする機会もなかったのでしょう。

絵を見ずに文字を追ってしまっている事に気付かれた方が多くいらっしゃいました。

絵から何かを感じてご自分の声で命を吹き込む。誰かに伝えるためには大切なこと

かもしれませんね。

普段は淡々と読むようにしているという方が、敢えて素直に感じたままに読んでみた

ら、思ってもいなかった感情が湧いてきて自分でもビックリしたという声もありまし

た。

 

さて、次回は・・・

2月開催までは決まっていますが、日程の微調整がありまして。

決まり次第お知らせいたします<m(__)m>

次回《絵本:よみラボ》も乞うご期待くださいませ♡

 

.。o○ .。o○ .。o○ .。o○ .。o○ .。o○ .。o○

 

今週末、21日㈯は

大人の図書
ーほっこりなおはなしー
があります。
私は紙芝居「モチモチの木」を演らせていただきます!
こちらも是非、お出かけくださいませ(*^^)v

場所/横浜市社会教育コーナー(磯子

時間/14:00~