読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに朗読ライフ (#^.^#)

朗読・紙芝居・読み聞かせのブログ

7月 ✿ おはなし☆レストラン

7月!

ムシムシ~、ジトジト~、

もう梅雨は明けるのかな~!?

今日はものすごく暑い~☀蒸し暑い~☀

気の早いセミがもう鳴き出しているようだ!

毎年、セミの声が聞こえ始めると梅雨明けだった気がする。

ということは、夏のはじまりはじまり~~

 

今月のおはなし☆レストランでは、がまくんとかえるくんシリーズの

「ふたりはいっしょ」という本の中の「クッキー」というお話しが登場します。

 

1、絵本「クッキー」(ふたりはいっしょ)より

ふたりはいっしょ (ミセスこどもの本)

ふたりはいっしょ (ミセスこどもの本)

 

 毎年、シリーズで出ているお話しを数回に分けて読み聞かせに

取り入れていますが、今年度のシリーズのお話しは、がまくんとかえるくん!

二人でそれぞれがまくんのお面、かえるくんのお面をかぶり、セリフを読み分けて

ちょっとした寸劇風です。

 

2、絵本「はなびドーン」 

はなび ドーン (とことこえほん)

はなび ドーン (とことこえほん)

 

 夏の風物詩、花火の絵本。

暗い夜空にシューっと打ちあがり次のページを開くと「ドーン」「パパパーン」

「キラキラキラ」。

また次のページを開くと、「シューっ、シューっ」「ポン、ドドドドーン」

この繰り返し・・・。きれいきれい!!

擬音だらけですが、そこが空想好きな子どもたちには楽しいみたい。

 

3、紙芝居「とのさまからもらったごほうび」

とのさまからもらったごほうび (ゆかいな民話選)

とのさまからもらったごほうび (ゆかいな民話選)

 

 男がとのさまからもらったごほうびとは・・・?

死んだお父さんに会えるという箱。

ただし、今すぐに開けてはいけない、二年後に開けろと言われて、さて二年後。

箱の中には確かに死んだはずのお父さんがいた。

だが、男の奥さんが見るとそこには美しい女がいた・・・。

そしてケンカが始まるのだが、仕掛け紙芝居になっていてこのケンカのシーンが

見せ場!

だ・か・ら、練習は念入りにした方がよかったな~。

紙芝居、奥が深いです・・・