読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに朗読ライフ (#^.^#)

朗読・紙芝居・読み聞かせのブログ

朗読ワークショップに参加する (@_@)

7月から月1回の朗読ワークショップが始まった。

この朗読ワークショップ、 “シニアのための” ってなってる。。。

ちょっと、ビミョ~~な気持ちで参加してみた。

 

テアトルフォンテ主催で、講師はJ氏。

プロの技術を学べるチャンスかと思い参加することにしたが、ちょっとハードルが

高かったかなと感じたのは、テキストとして持ってこられた題材を見た時だ。

 

徳富蘆花(1868―1927)の「此頃の富士の曙」ー自然と人生ーより

 

私の苦手な文語体で綴られた随筆文。

朗読の勉強でも避けてきた分野である。

まったくの初見で、いきなり、取りあえず読んでみる。

イメージはつかめた!

蘆花さんの視線の先に広がる風景・情景・色・空気感・・・

なのに、慣れない文語体に口が付いていけない~~~。

講師のJ氏に「感じたままに読めばいいんですよ」と言われたとおり、

素直に読み始めたのに・・・ああ~~残念な私(-_-メ)

「蘆花になり代わって、難しい文語体をお詫びします・・・」と慰め?の

お言葉を頂いて、終わった。

・・・終わった。

次回は8月。 この次までにはお口を滑らかに自由に読みたいものだ。