読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに朗読ライフ (#^.^#)

朗読・紙芝居・読み聞かせのブログ

朗読ワークショップ発表会(^O^)

フォンテ・ピット・シニア2013
シニアのための朗読ワークショップ

今日は、前期発表会がありました。

課題の三冊の中から一つを選びそれぞれが発表していく。

 

 

自然と人生 (岩波文庫)

自然と人生 (岩波文庫)

 

 

 

絵のない絵本 (岩波文庫)

絵のない絵本 (岩波文庫)

 

 

 

掌の小説 (新潮文庫)

掌の小説 (新潮文庫)

 

 

 

7月の課題は、徳富蘆花の「自然と人生」。

 この中の「此頃の富士の曙」。

 逗子の浜から臨む明け方の富士山の様子を読み解いていった。

 

 

8月の課題は、アンデルセンの「絵のない絵本」。

 この中の「第一夜」。

 月から見たインド娘のお話し。抒情詩的なお話しを読み解いていった。

 

9月の課題は、川端康成の「掌小説」。

 この中から「雨傘」。

 この回では、読み手の立ち位置と主人公の男女の立ち位置を理解するために

 立って動きながら読んでみた。

 それぞれの目線を意識したら読み方が変わってきた。

 

そして10月。

 発表会に向けて、各自自分の読みたい物を一つ決めて読んでみた。

 私は徳富蘆花「自然と人生」から「利根の秋暁」を選んだ。

 最初は慣れない文語体に口がついていかなかったけれど、何回か読むうちに

 頭の中に情景が ふわ~っと浮かんでくるようになった。

 澄み切った朝の空気感!

 文章のリズムとイメージが す~っと身体に馴染みだしてきてこの文体が嫌いじゃ

 なくなる。文章が好きになれたら、何だか読める気がしてきた。

 

そんなこんなで、今日の発表会。

 何より感じたのは、同じ空間の中で、私の感じた本の世界を聴いてくださって

 いる方たちと共有できる喜びがあった事だ。

 J先生、出逢えたお仲間の方々に感謝です .。o○